理事長挨拶

山村理事長の顔写真

札幌円山整形外科病院は1987年7月1日整形外科専門病院として地域医療に貢献すべく開業しました。30年を経た今日本の医療環境は大きく変化し整形外科の医療そのものが根本的に変わりつつあります。日本の人口は逓減していますが、高齢者社会となり整形外科の社会的要求度は増大しています。

宮の沢整形外科を平成9年に、札幌琴似整形外科を平成22年に、札幌八軒整形外科を平成28年に開業してきました。整形外科専門医により運営されるそれぞれの病院、医院は、連携を密に取りながら、お互いに補完しつつ様々な情報の共有を計り、どの施設でも高いレベルの医療を提供することが可能となっています。

骨粗鬆症に対する予防医学から、特発性側弯症や脊髄腫瘍あるいは人工関節手術、膝関節を主としたスポーツ医学に、手の外科に対応し、外来治療から手術療法、リハビリテーションに至るまでさらには自家培養軟骨移植術という再生医療にも取り組み始めています。整形外科の総合的な治療を提供するために、医療法人すべての医師が日々研鑽し努力をしています。
高齢者社会の中で整形外科分野の症例は飛躍的に増加し医師の負担も増大する傾向にありますが札幌市内の整形外科、内科等医療施設、リハビリテーション施設、介護施設と連携しつつ総合医療としての整形外科の信頼できる中核病院としての役割を果たしたいと考えています。

医療全体の中での整形外科医療を考え先進的医療を取り入れ、実践という形で還元していくことが地域医療に貢献する最大であると信じて行動していきます。

職員すべてが自信と誇りを持ち和の心で医療を進めていきます。

医療法人札幌円山整形外科病院 理事長 山村 恵(やまむら めぐむ)

院長挨拶

竹林院長の顔写真

当院は昭和62年、札幌市中央区に病床数110床の入院施設を擁する整形専門病院として開院いたしました。
以来、当院を支えていただいている皆さまの期待に応えるべく、整形外科分野の幅広くかつ専門性の高い診療を目指して発展して参りました。

中でも、膝・股関節外科、脊椎・脊髄外科、手の外科、さらには骨折を中心とした外傷外科を主な専門分野として、年間2,500例を超える手術を行い、高度な医療を提供することで地域医療に貢献させていただいております。
今後もその方針は変わることなく充実していく所存です。

一方、急速に進む高齢化社会においては、骨粗鬆症を基盤とした脊椎や四肢の骨折や変形が急増しております。このような疾患に対しては、手術を中心とした急性期治療だけでなく、充実したリハビリテーションが必要です。当院では、急性期治療後にも安心してリハビリテーションに集中できる環境を備えた地域包括ケア病棟も併設しております。

今後も、当院を訪れてくださる方々に安心・安全な医療を提供する使命を果たすべく、医療の質を高めて参ります。
また、関連施設である宮の沢整形外科クリニック(無床)、札幌琴似整形外科(19床)、札幌八軒整形外科を中心に地域の医療施設との連携を図り、病職員一同精進して参りますので、今後とも皆さまのご指導・ご支援をお願い申し上げます。

医療法人札幌円山整形外科病院 院長 竹林 庸雄(たけばやし つねお)

当院の特徴

許可病床数110床の整形外科専門病院であり、一般外傷のほかスポーツ障害、変性疾患など整形外科分野の幅広い 診療が特徴。

高度な医療で年間2,500例を超える手術を行ない、人工関節置換術、靭帯断裂形成術などの施設基準を取得し、 充実したリハビリ体制で完全フォローを行なう急性期病院である。

関連施設としては、宮の沢整形外科クリニック(無床)と札幌琴似整形外科(19床)、 札幌八軒整形外科があり、連携を図っている。

医療機能情報(PDF:51KB)

病院概要

施設名 医療法人 札幌円山整形外科 札幌円山整形外科病院
所在地 札幌市中央区北7条西27丁目1番3号
病院管理者 院長 竹林 庸雄
設立
昭和62年7月1日
開設
平成元年4月1日
医療法人組織に変更
施設
敷地面積
2,392.18㎡
延床面積
5,069.81㎡
診療科目 整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科、麻酔科
病床数 110床(一般病棟(2F 29床、3F 52床)、地域包括ケア病棟(2F 29床))
主な施設基準
  • 急性期一般入院料4
  • 地域包括ケア病棟入院料2
  • 運動器リハビリテーション (I)
  • 入院時食事療養 (I)
  • 薬剤管理指導
  • 人工関節置換術
  • 靭帯断裂形成手術等
  • 感染防止対策加算2
主な医療機関指定
  • 健康保険法
  • 国民健康保険法
  • 生活保護法
  • 労働者災害補償保険法
  • 地方公務員災害補償法
  • 結核予防法
  • 身体障害者福祉法
  • 難病指定医、指定医療機関
  • 被爆者一般疾病医療機関
  • 指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療)
  • 小児慢性特定疾病指定、
    指定医療機関(北海道札幌市)
  • 札幌市災害救急告示医療機関
  • 難病患者等短期入所指定医療機関
主な学会研修施設
  • 公益社団法人 日本整形外科学会 研修施設
  • 一般社団法人 日本手外科学会  研修施設
  • 公益社団法人 日本麻酔科学会  麻酔科認定病院

院内感染予防対策指針

1.院内感染予防対策指針の目的

この指針は院内感染の予防・再発防止策ならびに集団感染事例発生時の適切な対応など、医療法人札幌円山整形外科病院(以下「当院」という)における院内感染予防対策体勢を確立し、適切かつ安全で質の高い医療サービスの提供を図ることを目的とする。

2.院内感染予防対策に関する基本的な考え方

当院の院内感染予防対策は、施設内において感染症の患者と感染症に罹患しやすい患者とが同時に存在していることを前提に医療行為・ケアなどを行う際に必然的に起こりうる患者・職員への感染症伝播リスクを可能な限り最小にするとの視点に立つことに基づいている。
そのためすべての患者が感染症を保持し、かつ罹患する危険性を併せ持つと考えて対処する「標準予防策:スタンダードプリコーション」の観点に基づいた医療行為を実践することを主としている。また感染経路の遮断を目的に感染経路別防止策すなわち、接触、飛沫、空気感染防止策を想定される起因微生物に基づき選択し実施する。
また、院内感染が発生した場合は、速やかに調査・評価を行い、その原因を速やかに特定し、制圧・終息かつ再発防止を図ることとする。一方で、そのような事例を発生させた院内感染予防対策システム上の不備や不十分な点が存在しないかどうかを十分に検証することも重視する。必用があればシステムそのものを改善していく。
なお個別および病院内外のいわゆる市中感染情報を十分に収集し、これらを基に院内感染の発生を未然に防ぐことを目指す。
これらを実現するために院内感染予防対策活動の必要性、重要性を全部署ならびに全職員に周知徹底し、院内共通の課題として積極的な取り組みを行うものとする。

3.院内感染予防対策委員会について

院内における院内感染症の発生を防止するため、医療法人札幌円山整形外科病院院内感染予防対策委員会(以下「委員会」という)を設置する。

  1. 委員は病院長が指名する
  2. 委員会には委員長と副委員長をおき、病院長が指名する。
  3. 委員会は毎月1回程度開催する。また、必要な場合委員長は臨時委員会を開催することができる。
  4. 委員会の詳細は別に定める「医療法人札幌円山整形外科病院 院内感染予防対策設置要網」において明記する。

4.院内感染管理者について

病院長が適任と判断した専任の院内感染管理者を置く。院内感染管理者は以下の職務を担当する。

  1. 定期的院内ラウンドを行って、現場の改善に関する介入、現場の教育/啓発、アウトブレイクあるいは異常発生の特定と制圧、その他にあたる。
  2. 感染対策に関する権限を委譲されると共に責任を持つ。また、重要事項を定期的に院長に報告する義務を有する。
  3. 重要な検討事項、異常な感染症発生時および発生が疑われた際は、その状況および患者/院内感染の対象者への対応等を院長へ報告する。
  4. 異常な感染症が発症した場合は、速やかに発生原因を究明し、改善策を立案し、実施するために職員全員へ周知徹底を図る。
  5. 職員教育(集団教育と個別教育)の企画遂行を積極的に行う。

5.ICT(感染制御チーム)について

院内感染症の発生を防止し、各員の専門的な視点を生かして効果的な感染防止対策の実践的活動を行うため感染対策室を設置し、その構成メンバーより感染制御チーム(以下「ICT」という)を任命する。

  1. 委員は、病院長が任命する。
  2. 感染対策に関する専門的な知識を持った医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、及び事務職員を中心としたメンバーで週1回院内を巡回し感染予防の実施状況を確認する。
  3. 院内感染症のサーベイランス(調査・集計)を行う
  4. アウトブレイク時、種々の感染症発生に対し、可及的速やかな対応策を講じる。
  5. 抗菌薬の使用状況を把握し、適正使用に向けた積極的介入を行い、啓蒙する。
  6. 年4回以上感染防止対策加算1を算定する医療機関が開催する合同カンファレンスに参加する。
  7. 年2回、全職員対象に感染対策研修会を開催し、基本的な考え方や具体的な方策について周知徹底する。
  8. 感染防止対策推進のためのマニュアル(院内感染予防対策マニュアル)を作成・整備し、改訂を行う。
  9. 月1回リンクナース会議を合同で開催し、感染対策の状況や実行する対策を協議する。

6.感染対策リンクナースについて

リンクナースチームはICTの実行部会として設置する。
リンクナースチーム構成員は看護部全部署(患者と関わる部署に限る)の所属長が、病院感染対策に対し、関心と知識のある職員を1名以上推薦し、病院長が委嘱する。
リンクナースリーダーはICT担当看護師が努める。
リンクナースの任期は2年とするが、再任は妨げない。
リンクナース会議は、毎月1回ICTと合同で開催する。

  1. 病院感染対策を自部署の職員に周知徹底する。
  2. 現場の感染対策上の問題点を発見し、ICTに報告するとともに、改善するよう活動する。
  3. アウトブレイクの防止、調査、制圧をICTと共に行う。
  4. サーベイランスの協力をする。
  5. 病院感染に関する学習会、研修会に参加し知識の習得に努めるとともに情報を現場に提供する。

7.院内感染予防策のための職員研修について

  1. 院内感染対策に関する知識を広め、教育を行う目的で職員研修を開催する。
  2. 職員研修は、全職員を対象に年2回以上定例開催する。この講習会では院内感染予防対策に関する教育と実習を行う。
  3. 職員研修は院内感染予防対策のための基本的な考え方や、具体的な方策について、全職員に周知徹底を図ることを目的とする。必要に応じて各部署の業務に対応した個別の研修会も開催する。
  4. 研修会開催状況(日時、出席者、研修項目)を記録保存する。

8.院内感染発生時の対応について

  1. 職員は、院内感染が疑われる場合、できるだけ速やかに主治医、ICT・委員会委員、若しくは所属長に報告を行う。報告を受けた委員あるいは所属長は、委員長にその旨を直ちに報告する。
  2. 委員長は速やかに関係する委員を招集し、協議を行う。さらに必要に応じて、臨時に委員会を開催し、感染源・感染経路・感染範囲などの調査を行う。
  3. 委員会とICTは、発生の原因究明・対応策の立案・実施を図り、これを全職員に周知徹底させる。
  4. その他、別に定めるマニュアルに従い、院内での連携を円滑に進め、集団発生の場合には札幌市保健所などの外部への報告を確実に行う。
  5. 日常的に当院での感染症の発生状況を迅速に把握するために、定例の委員会に置いて各種起因微生物の検出状況などの報告・確認を行う。感染性の比較的高い特殊な起因微生物が検出された場合には、例え一例であっても、全部署・全職員に周知するよう徹底する。

9.当院の院内感染対策指針の閲覧に関する基本方針

この指針は当院ホームページにおいて一般に公開する。また、院内掲示を行ない公開する。

10.当院おける院内感染対策の推進のために必要な基本方針

ICTは、当院で定める「ICT(感染制御チーム)設置要網」に基づき、感染防止対策に関わる具体的業務を行う。職員は院内感染予防対策マニュアルに基づいて、手洗いの徹底など感染防止対策に遵守に努める。また、マニュアルは適宜見直し、改訂する。

11.その他

この指針の改訂については、院内感染予防対策委員会、ICTにおいて協議し、病院長の承諾を経て行うものとする。

院内感染予防対策委員会設置要綱

目的

第1条

札幌円山整形外科病院における院内感染症の発生を防止するため、札幌円山整形外科病院院内感染予防対策員会(以下「委員会」という。)を設置する。

組織

第2条

(1)委員会は、以下のメンバーをもって構成する。

  1. 病院長
  2. 診療部門責任者(診療部長) : 1名
  3. 看護部門責任者(看護部長) : 1名
  4. 看護部門 病棟責任者(病棟科長) : 1名
  5. 看護部門 手術室責任者(手術室科長) : 1名
  6. 診療支援部門 責任者 : 2名
  7. 診療支援部門 薬局責任者 : 1名
  8. 診療支援部門 臨床検査室責任者 : 1名
  9. 診療支援部門 栄養管理室責任者 : 1名
  10. 管理部門責任者(事務長) : 1名
  11. 感染対策チーム(ICT) : 医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、事務職員、ほか3名

(2)委員の他に、各部署から委員会メンバーを置く。

  1. 看護部門オブザーバー
    3階一般病棟  :2名以上
    2階一般病棟  :1名以上
    地域包括ケア病棟 :1名以上
    手術室     :1名以上
    外来      :1名以上
  2. 診療支援部門オブザーバー
    薬局      :1名(※委員と同じ)
    放射線室    :1名(※委員と同じ)
    リハビリテーション室  :1名以上
  3. 管理部門オブザーバー
    事務部     :1名以上

(3)委員は、病院長が指名する。


(4)委員会には、委員長と副委員長をおき、委員長は病院長が副委員長は委員長が指名する。


(5)委員長は、会を総理する。


(6)副委員長は、委員長に事故あるとき、その職務を代理する。


(7)委員が出席できない場合は、代理者を出席させることができる。


(8)オブザーバーは、各部署責任者が指名する。

任期

第3条

委員の任期は1年とする。ただし再任は妨げない。

会議

第4条

委員会は月1回開催とし、委員、各部署オブザーバーが出席するものとする。委員長がその議長となる。

  1. 委員長が必要と認めたときは、臨時の委員会を開催することができる。
  2. 委員長が必要と認めたときは、委員、オブザーバー以外の関係者の出席を求め、その意見を聴取することができる。

業務

第5条

委員会において次の事項の調査、審議、決定をする。

  1. 院内感染について、周知及び啓発に関すること。
  2. 院内感染が判明した場合の報告、並びに対応に関すること。
  3. 院内感染、院内の清潔度及び滅菌消毒業務の調査に関すること。
  4. その他推進対策上、重要事項に関すること。

事務局

第6条

委員会の事務局は、事務部におく。

補則

第7条

この要綱に定めるもののほか、必要事項は委員会で定めることができる

ICT(感染制御チーム)設置要綱

目的

第1条

札幌円山整形外科病院における院内感染の発症を防止し、各員の専門的な視点を生かして効果的な感染防止対策の実践的活動を行うため、感染制御チーム(以下「ICT」という。)を設置する。

組織

第2条

(1)ICTは、以下の委員を持って構成する。

  1. 医師      1名以上
  2. 看護師     2名以上
  3. 薬剤師     1名以上
  4. 臨床検査技師  1名以上
  5. 事務職員    1名以上
  6. その他、病院長が必要と認める職員 ※3名以上(理学療法士、管理栄養士、放射線技師)

(2)委員は、病院長が任命する。

任期

第3条

委員の任期は1年とする。ただし再任は妨げない。

業務

第4条

ICTは組織横断的活動により次の事項の調整、審査、実施をする。

  1. 週1回の院内ラウンド(巡回)を行い、感染対策の指導をする。
  2. 院内感染事例、感染防止対策の実施状況を把握し、指導をする。
  3. 院内感染発生状況の調査を行い、対策の立案をする。
  4. 抗菌薬使用状況について、届出やオーダー情報を利用した把握と適正使用について積極的な介入を行う。
  5. 感染対策マニュアルの作成及び改訂を行う。
  6. 職員を対象とした院内感染対策研修を、年2回以上実施する。
  7. 感染防止対策加算1を算定する医療機関が開催する合同カンファレンスに、年4回以上参加する。
  8. アウトブレイクを把握し、制圧に向けた対応を行う。

事務局

第5条

ICTの事務局は、感染対策室におく。

補則

第6条

この要綱に定めるもののほか、必要事項は会議の上で定めることができる。

感染対策室設置要綱

目的

第1条

札幌円山整形外科病院における院内感染の発症を防止するため、院内感染状況の調査・対策、職員教育やマニュアル等の改訂の企画、運用を取りまとめるため、札幌円山整形外科病院院内感染対策室を設置する。

組織

第2条

(1)感染対策室は、以下の委員を持って構成する。

  1. 医師      1名以上
  2. 看護師     2名以上
  3. 薬剤師     1名以上
  4. 臨床検査技師  1名以上
  5. 事務職員    1名以上
  6. その他、病院長が必要と認める職員 ※3名(理学療法士、管理栄養士、放射線技師)

(2)委員は、病院長が任命する。


(3)感染対策室より、ICTメンバーを選出する

任期

第3条

委員の任期は1年とする。ただし再任は妨げない。

業務

第4条

感染対策室は、次の業務を行う。

  1. 院内感染対策マニュアルの作成に関すること。
  2. 院内感染サーベイランスに関すること。
  3. アウトブレイク発生時の調査と対策に関すること。
  4. 感染に関連する各種コンサルテーションに関すること。
  5. 院内感染防止教育や啓発の企画・運営に関すること。
  6. 院内各種委員会との調整に関すること。
  7. 職員の健康管理に関すること。
  8. その他、院内感染の発生防止に関すること。

権限

第5条

感染対策室は、次に掲げる権限を有する。

  1. 患者データーを自由に閲覧し使用することができる。
  2. アウトブレイク発生時の調査と介入ができる。
  3. 職種・職位を問わず、感染対策の改善、指導ができる。

補則

第6条

この要綱に定めるもののほか、必要事項は会議の上で定めることができる。

附則

この要綱は、2020年3月1日から施行する。

カルテ等開示について

希望される方は、所定の様式にて事務担当者までお申し込み下さい。

開示検討委員会において協議した上で、概ね1週間~10日以内に開示請求者にご連絡いたします。

尚、開示料金は下記の通りとなりますのでご了承願います。

カルテ等開示料金

  1. カルテ閲覧(医師立会い) 5,500円(15分ごと)
  2. カルテ閲覧(医師非立会い) 1,100円(15分ごと)
  3. カルテ及び検査記録等の複写 20枚まで660円(以後10枚ごとに220円)
    ※但し、検査記録のみの複写の場合は、100円(税込)としますが、医師が必要と認め本人に渡す場合は無料とする。
  4. 診療経過の要約説明書の作成 1部33,000円
  5. エックス線写真の複写 1枚1,100円(CD-Rの場合 1枚550円)
  6. MRI・CT画像の複写 1枚1,650円(CD-Rの場合 1枚550円)
  7. エックス線写真の貸し出しについて
    1. 患者本人による場合はフィルム及びCD-Rいずれも無料とする。(但し、要返却)
    2. 損保会社等による場合、貸し出しは行わず全て複写とする。(但し、返却不要)
      (フィルム:上記複写料金 CD-R:1枚8,800円)
  8. エックス線写真コピー(紙印刷)
    1. 診療上(症状説明等)医師が必要と認め、本人等に渡す場合は無料とする。
    2. 上記以外、本人等が希望した場合は開示請求書を提出の上、1枚100円(税込)とする。

個人情報保護方針

当院は、個人情報を下記の目的に利用し、その取り扱いには最新の注意を払っています。

個人情報の取り扱いについてお気づきの点は、窓口までお気軽にお申し出ください。

当院における個人情報の利用目的

医療提供

  1. 当院での医療サービスの提供
  2. 他の病院・診療所・助産所・薬局・訪問看護ステーション・介護サービス事業者との連携
  3. 他の医療機関等からの照会への回答
  4. 患者さまの診療のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合
  5. 検体検査業務の委託、その他の業務委託
  6. ご家族等への病状説明
  7. その他、患者さまへの医療提供に関する利用

診療費請求のための事務

  1. 当院での医療・介護・労災保険、公費負担医療に関する事務およびその委託
  2. 審査支払基金へのレセプトの提出
  3. 審査支払基金又は保険者からの照会への回答
  4. 公費負担医療に関する行政機関等へのレセプトの提出、照会への回答
  5. その他、医療・介護・労災保険、および公費負担医療に関する診療費請求のための利用

当院の管理運営業務

  1. 会計・経理
  2. 医療事故等の報告
  3. 当該患者さまの医療サービスの向上
  4. 入退院等の病棟管理
  5. その他、当院の管理運営業務に関する利用
    • 企業等から委託を受けて行う健康診断等における、企業等へのその結果の通知
    • 医師賠償責任保険などに係わる、医療に関する専門の団体、保険会社等への相談または届出等
    • 医療・介護サービスや業務の維持。改善のための基礎資料
    • 当院内において行われる医療実習への協力
    • 医療の質の向上を目的とした当院内での症例研究
    • 外部監査機関への情報提供

【付記】

  1. 上記のうち、他の医療機関への情報提供について同意しがたい事項がある場合には、その旨をお申し出ください。
  2. お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
  3. これらのお申し出は後からいつでも撤回・変更等をすることが可能です。

アクセスマップ

外観写真
医療法人 札幌円山整形外科病院
院長 竹林 庸雄
〒060-0007
札幌市中央区北7条西27丁目1-3
TEL 011-612-1133
FAX 011-615-8151
URL http://www.maruyama-seikeigeka.com
周辺イラストマップ

専用駐車場

利用時間は午前8:30~午後7:00までと致します。

  • 当駐車場内での事故、盗難等に付きましては一切責任を負いかねます。
  • 一部、医師用駐車場がございますので、ご使用はご遠慮ください。

交通機関

地下鉄東西線
西28丁目駅 1番出口より徒歩5分
JR北海道バス
北6条西26丁目 下車 徒歩2分
  • 札樽線「42、55、56、57、66、67、70、80」
  • 北7条線「西31」
  • 北5条線「西58」
北海道中央バス
北6条西26丁目 下車 徒歩2分